• Taeko be sweet

どこに出しても恥ずかしくないアルバム(^-^)

昨日、『ボヘミアン・ラプソディ』を見ました(^-^)

一昨年?ですよね。映画館でやっていたの。( ;∀;)


その時、観に行けなくてバンド仲間全員から

「え???行ってないの???( ;∀;)」

と言われました( ;∀;)

映画も演技もストーリーも素晴らしくて。

流れてくる曲のどれもが素晴らしい。

ほとんど知っている曲でしたが、

それでも、イントロもコードもリズムもメロディも1曲すべてがすごいカッコよくて。

「英語で意味がわからなくても。曲がいいからいくら聴いていても飽きない♪」 そう言った私に

「ってことは、曲はメロディーとコードが大事ってことやな(^-^)」 byタツヤ


「歌詞なんて。。。曲をつけてもらわなかったら、ただの紙切れなんだよ(^-^)」 と矢頭先生が言われたのを思い出しました。


映画で流れてくるQUEENの曲は

イントロ。歌に入る前から

「聴きたい」 と思わす数小節。イントロのアレンジの何て大切なこと!!

どの曲も最後まで聴きたい!と思わせるアレンジのすごさに

感動の連続でした(^-^)

そして、自分の曲をアレンジしてくれるすべての人に

曲に取り組んでくださるその労苦に感謝の念が湧いてきました。

素敵なアレンジをありがとうございます。m(__)m

私は、曲を粗末に扱ってきたような気がします。(>_<)


コロナが去って、演奏活動を再開する時は、

手掛けて頂いた曲を、もっと大切に丁寧に

歌っていきたいと思います。m(__)m


素晴らしいミュージシャンにアレンジして頂いた

どこに出しても恥ずかしくない

自慢の曲たちだから(^-^







14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示