• Taeko be sweet

みなさんに心から「ありがとう」(^^♪

更新日:5月9日


連休が終わりましたね。みなさん、楽しいGWを過ごされましたか?(^-^)


私は、皆さんのお陰で幸せな連休にして頂きました(^-^)


3年ぶりの開催となった高槻ジャズストリート。

バンドのメンバーに声をかけたのは、去年の暮れ。

3年前からドラムの野口さんには、演奏する時が来たらサポートをお願いしますとお伝えし、コーラスの美穂ちゃんには、年賀状に「GWは空けておいてね♪」と付け加え、

今年ジャズスト参加の意思があることを表明し、

いろんなバンドから引っ張りだこの西田さんにも、早々とサポートの約束を頂き、

ちゅーやんさんと主人には、ここ数年ずっと好きなようにさせてもらって( ;∀;)

初の6人バンドでの「川村妙子besweet」で演奏することが出来ました(^-^)


CDで表現してきたオリジナルに近いものを表現できた素敵な時間でした(^-^)


バンドのメンバーには、この1回のステージのために。30分の演奏のために。 たくさんの時間を費やして頂きました。

自分の曲の自分のライブでさえ、ライブが終わるまでは一日でも1時間でも1分でも

練習したくて、連休は連休じゃありませんでした( ;∀;) まして人のステージのサポートって。。プレッシャーがあるかと思います。

3日の自分のステージが終わって・・・4日からが私の真の連休でした(^-^) めちゃくちゃ開放されましたよ(^-^) 心。(^-^)


「ジャズストリート」と銘打っているイベントに「ポップス」で参戦する川村妙子( ;∀;)

「四日市ジャズ」や「守口ジャズ」に参加した時には、 ジャズナンバーを入れて、演奏したこともあったのですが、

普段聴いていないジャンル。普段歌っていない曲。

「私じゃない( ;∀;)」し、

「私のステージを聴きに来てくれるお客さんが、望んでるのはこれじゃない( ;∀;)」

そう思い、私らしいナンバー。=オリジナル。

それを中心に構成する私のステージをするようになりました。


この日の私たちの会場は

1時~、2時~と

次々ジャズのグループが演奏していました。どちらも超満員。( ;∀;)

日々ジャズのライブが行われる会場「JKcafe」で、

ポップス「川村妙子besweet」のステージに人は来てくれるのだろうか。。。

そんな不安をよそに演奏時間前から、

外には私たちの演奏を待ってくれる人がいっぱいでした(>_<)

私たちのステージも、中に入れないほどの友人やお客様でいっぱいでした(>_<)

お客様にとっては、演者が見えにくく、演奏が聴こえにくいお席もあったでしょうに、

演奏が始まってからは手を振り、手拍子をし、うちわを振って

笑顔で応援してくれる人でいっぱいでした(>_<)


「私、こんなにたくさんの人に応援してもらっていたんだ(^^♪」

そう思いました(^-^)


大袈裟ですが。。。「魔女の宅急便」で、最後に主人公のキキが

「私、この街が好きになりそうです(^-^)」と、いうシーンがあります。

私も、人生の4分の3を高槻で生きてきて、この日、

高槻という町が好きになりました(^-^)


川村妙子に「愛」をありがとう~!

幸せな幸せな時間でした(^-^)m(__)m










閲覧数:41回2件のコメント

最新記事

すべて表示