• Taeko be sweet

少し丸くなれるかな(遅!( ;∀;))


矢頭先生と作った『帰り道』『人生ぶらり途中下車』そして未発表の

『母という名のふるさとへ』を順番に聴く日々が続いています( ;∀;)


前にも書きましたが、完成した自分の曲を延々と聴き続けることは

今までもよくあることなんですが、きっと私は曲の中に、

矢頭先生の面影を探しにいってるんですね(>_<)


特に矢頭先生がなくなった知らせを受けた時は、

ずっと『帰り道』を聴き続けました(>_<)


先生とお会いしたのは、大阪に来られた時に1度。

そして演歌歌手の方のデビュー10周年の新曲発表会のイベントが

東京・京王プラザ新宿で行われた時。この2度。

あとは東京と大阪で電話でやり取りをしていました。


「僕をお父さんと思って(^-^)」

と言ってくださっていましたが、

なかなかに個性的な先生で( ;∀;)(うちの父も個性では負けてませんが( ;∀;)


作品作りのアプローチについて、たくさん勉強になることを教えていただた半面、

どうしても譲れない部分もあり、衝突することも多々ありました。( ;∀;)


あまりに衝突したので( ;∀;)

少し先生との距離をあけたくなって、連絡を取らない日々が続きました。

そんな中、先生の訃報の知らせを知りました。



でも。

その日から。


先生に教えてもらったこと

先生にアドバイスを受けたこと

先生の作品への情熱



そんなことしか思い出せない。



私が、もう少し人間が出来ていたら。

もっと一緒に作品が作れたのに。





人生は一度きり。



「どうしても譲れない部分」なんて。

そんなにない。


少々のことは譲れるんじゃない?

許せるんじゃない?

ほんとは。



自分が何もかも包める大きな人間になれさえすれば。


矢頭先生が教えてくれた。







10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示