• Taeko be sweet

父の12回目の命日(^-^)


今朝、電車の中で父の追悼曲『悲しみの向こうに』を聴いていて

こらえきれなくて泣いてしまいました( ;∀;)


思い出してしまったんです。十年以上経って・・・。



父は、孫たちと友ヶ島に行こう♪と思っていたのですが、

その年の夏、私の家が引っ越すことが決まり


「何もしてやってないから(^-^)」

と、引っ越し祝いに、家の中の家財道具

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、食卓セットなど。。。

用意してくれました。


「今年は、海は無しな(^-^) 今年は引っ越し祝いしてやりたいから(^-^)

海は来年(^-^)」



その冬、ガンが見つかり、余命1カ月の宣告を受けました。

医師の宣告通りその冬に父は逝ってしまいました。


孫たちをもう一度連れてやりたかった友ヶ島の海も

行くことが出来ませんでした。


私のために。


あの夏。。。

海へ行っておけばよかった。(>_<)

家の中を見渡すと、

父にプレゼントしてもらった電化製品や家具ばかりです。(>_<)

すべての電化製品が、まだ頑張って働いてくれています(^-^)



愛情をいっぱい注いでもらいました。(^-^)


もう一度・・・会いたい。(>_<)


父との思い出が・・・たくさん蘇ります。(^-^)




~~悲しみの向こうに~~ 作詞・曲 川村妙子


もう一度 もう一度 あなたに会いたくて

もう一度 もう一度 声が聞きたくて

抱きしめたあなたの 手のぬくもりも

私の手のひらに 残っています

まるで嵐のように 過ぎ去って逝った人

今はまだつらすぎて 何一つ思い出も語れないけど

悲しみの向こうに 笑顔の光はあるよね

それを信じて生きよう ずっとずっとずっと信じて


たくさんの思い出を刻んだあの海に

もう一度

「この夏も行こう」と言ったよね

飾られた在りし日の あなたの写真が

毎日私に笑いかけてくれます

海より深い愛を そそいでくれた人

今改めて気づく 温かいまなざしに守られてた と

日々あなたを想う心は届いているよね

それを信じて生きよう ずっとずっとずっと信じて






30回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now